地金型金貨とは

地金型金貨は私達にとってとても身近な投資の方法と言えるのではないでしょうか。しかし、地金型金貨の投資は、いつも金貨を丁寧に扱うモチベーションも大事です。地金型金貨をいざ売ろうと思えば、傷があったりして換金が出来ないということもあります。 売却価格が大幅に下がる場合があります。

金貨というものは、私達が管理しやすいとてもタフなものというイメージもありますが、意外とデリケートなモノだということをあらかじめしっかり認識している必要があります。呉々も地金型金貨の保管にも注意をしたいものです。

そして地金型金貨を購入する際にも、傷、損傷がないかしっかりチェックして購入するようにしましょう。そして金貨という存在も、投資というからにはリスクを背負っているものであり、金の価値が下がるということがあり、金の価値が下がれば投資した金額よりも安くなってしまうリスクを充分考えることが出来ます。元本割れのリスクだって金貨には存在しているのです。

地金という場合は、大きな金の塊なので高額な取引をしなければならないというデメリットはありますが、 金貨のような製造のコストは必要ではありません。ただし地金を購入する場合、グラム数によっては、「バーチャージ」と呼ばれる手数料がかかるケースもあります。