金の強み

金貨を投資として意識した場合、今後金貨がどのような行方を辿って行くのだろうかということはとても気になる問題です。実際に金貨の強みは、金貨という存在が限りある資源だということです。今後、金の価値はもっと高くなることが想像することが出来ます。

現物で持つことがなかなか難しい時代が到来してしまうのかもしれません。金の市場の価値は今でも高く評価されて続けています

金貨にばかり投資の目を向けるというのも正しくはないのかもしれませんが、分散投資の観点からも、投資のひとつの方法として絶対に金貨は組み込んでいた方がいい商品として考えることが出来ます。

金自体には、株や債権のような発行主のようなものが存在していませんし、金そのものに価値があるという強みが存在します。会社の倒産などで無価値になるというリスクはここに考える必要がありません。

金貨という存在は世界中で通用する資産であり続け、いつでもどこの市場だって換金することが出来ます。価値が自体に存在しているからこそ、政治・経済の不安定にも影響されないということも言うことが出来ます。

不景気、経済不安になる程、 金の価値があがるということもいえ、とてもメリットの大きな商品です。

投資の方法

地金は、金貨のように小分けで購入することが出来ません。地金というのも投資の大きな方法として考えることが出来ますが、 分散して売却ということがなかなか難しい投資の方法です。

金貨なら地金と比較をして少額で購入出来るときにどんどん少しずつ増やすということが可能です。しかし、金貨の場合、地金と比較して少額で購入できるのですが、コストがかかるから割高になってはしまうことになります。

金貨は、小さいから、紛失しやすいデメリットもあり、傷つきやすい問題も抱えています。 地金型金貨投資として購入する場合は、少額で長くというモチベーションで購入し続ける事がリスクを軽減させることが出来る方法です。

金貨を投資として考えるのは、現代社会においてもはや当たり前の発想とも言えます。純金積み立てという方法があり(ドル・コスト平均法)それは、毎月一定額を決め、その金額分だけの金を買う方法です。積み立てをして、ある程度のグラム数が溜まった段階で市場で売却し現金に換える事が出来ますし、 グラム数に応じ、地金・金貨に変えることが出来ます。

いろいろ会社で、いろいろな純金積立の方法を採っているようですが、換金の際、売却して現金で受取りする所が多いようです。